相続でお悩みの方へ INHERITANCE

相続の概要

不動産相続の現状

相続で問題というと相続税をイメージする人が多いのですが、実際は相続税の課税対象者の割合は2000 年で5%、2009 年にはさらに下がって4.1% に過ぎません。
大多数の人は相続税を支払わなくても良いのです。
それよりも、遺産分割で問題が発生することが多いのです。
この問題では司法統計がまとめられていますが、どの程度の遺産金額でトラブルが発生しているのでしょう。

2009 年に調停が申し立てられた遺産分割事件のうちで調停成立もしくは認容された事件の遺産金額を見ると、5000 万円以下(1000 万円以下29% と5000 万円以下44% の合計)の案件で73% を占めています。
2009 年時点での相続税法では基礎控除額(相続税は、遺産金額から基礎控除額を差し引いた金額に対して掛かります)が「5000 万円+1000 万円× 法定相続人」なので、5000 万円以下の遺産しかなければ相続税は全く掛かりません。
つまり遺産分割は、相続税が掛からなくても家庭裁判所に解決を委ねないといけないほど、大きなトラブルに発展することがあるのです。
相続で問題が発生しても、家庭裁判所にまで持ち込まれることは滅多にないのではないかと思われているかもしれません。
しかし、相続に関して家庭裁判所に寄せられる相談件数は、死亡者数(被相続人数)を上回るペースで増えています。
死亡者数(被相続人数)は2000 年の961,653 人から2009 年の1,141,865人と1.2倍になっていますが、同じ期間に相続相談件数は2000 年の90,062 件から2009 年の166,218 件と1.8 倍にまで膨らんでいます。

詳しい内容は、PDFの資料(出典;相続問題アドバイザーのアセットドクター)が見れますが抜粋をご確認下さい。

このように、年々トラブルにつながる争続が増えてきているのが現状です。
今一度、あなたの相続財産や相続人が誰になるかなど、事前に調べておきましょう。

各種お問い合わせはこちらから
↓

お問い合わせはこちらから