相続でお悩みの方へ INHERITANCE

相続税の還付について詳しく知りたい

ご存じですか?相続税の申告から5年以内であれば、払い過ぎた相続税が戻ってくる可能性があります。

相続税の還付とは?

相続税の還付とは、相続税申告期限(亡くなった日から10ヵ月)から1年以内であれば「更正の請求」、5年以内であれば「更正の嘆願」という方法により、払い過ぎていた相続税の返還(相続税還付)を求めることが出来る手続きです。この手続きに関してはあまり一般に知られていないのが現状なのです。

相続税還付の原因は?

原因1複雑な土地評価
不動産は、ひとつとして同じものはありません。

不動産の評価は、地理的な要因などの自然的特性と、人間との関わりによって生じる用途の多様性、また利用区分や周りの環境によっても不動産の評価額は大きく異なります。土地等形状・立地条件も様々でひとつとして同じ土地は存在しないのです。

原因2 自己申告の落とし穴
税務署は教えてくれません。

専門的知識が必要な土地評価を、やり慣れてない納税者側でやらなくてはならないのですから、評価誤りをしているケースは珍しくありません。また、土地が過大評価となっていたとしても、自己申告制度は「納税者自らが申告してきた内容が正しい」という前提ですので、税務署側がそれを指摘して減額を勧めることはないのが実状です。

原因3 多くの税理士は相続税に不慣れ
税理士にも、専門分野があります。

例えば、病院にかかる時ならば、風邪を引いて外科や歯科にかかる人はいませんし、盲腸の手術であっても、内科や耳鼻咽喉科の医師にやってもらおうと思う人はいません。その目的ごとに医者(病院)を使い分けています。同じく税理士にも会計・経理を得意とする税理士(事務所)と、相続税・贈与税等のいわゆる資産税を得意とする税理士(事務所)がおり、その日常業務は『まったく』と言っていいほど異なります。ですが、税理士の場合、緊急事態以外でも、税理士を使い分けるということはあまりありません。多くの人が「税理士は税金に関してはオールマイティーである」との誤解があるからでしょう。

これらを解消するために、私共は相続アライアンス(連携サポート体制)において不動産鑑定士と相続税に特化した税理士事務所と連携をしています。
納税済の相続税の還付をご検討されたい方に不動産鑑定士が無料にて相続税還付の可能性を診断いたします。

各種お問い合わせはこちらから
↓

お問い合わせはこちらから