相続でお悩みの方へ INHERITANCE

境界の確定~土地家屋調査士のご紹介~

所有している土地の周りにその土地の境界を示す目印はちゃんとありますか?

突然ですが、皆さんが所有している土地の周りに,その土地の境界を示す目印はありますか。

土地の境界を特定するための手段としては,塀や垣根の設置があります。しかし,相続で代替りしたり,大規模な宅地造成が行われたりしたために,その目印がなくなり,境界が失われてしまう場合があります。
境界標がなかったために、土地をめぐるトラブルが起こりやすくなっています。
土地の境界を明確にするためには,境界標の設置(埋設)が最もよい方法です。
重要な財産である土地や建物は、法務局(登記所)にある 登記簿に記録することにより、その権利が保全されます。
土地家屋調査士とは、皆さま(ご依頼人)の土地や建物がどこに あって、どのような形をしているのか、また、どのような用途に使用されているかなどを調査、測量して図面作成、申請手続など を行う測量及び法律の専門家となります。

また、日本土地家屋調査士連合会では次のように定められています。

  • 不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量をすること。
  • 不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること。
  • 不動産の表示に関する登記に関する審査請求の手続について代理すること。
  • 筆界特定の手続について代理すること。
  • 土地の筆界が明らかでないことを原因とする民事に関する紛争に係る民間紛争解決手続について代理すること

万が一お隣と境界で「紛争」になってしまったら、誰に相談すれば良いのでしょうか? 
分かっているようで、意外と分からない問題のようです。この問いに対する法律上の正しい答えは、「弁護士」です。「紛争」の解決は弁護士の業務範囲なのです。
しかし、弁護士が問題となっている境界について、本当に分かっているかと言うと、若干疑問があります。法律上の境界については専門でしょうが、境界紛争は六法全書の上で起こっているわけではありません。現地で起こっているのです。現地を正しく理解しないで、法律論だけで解決しようとすると、お隣同士で裁判をすることになってしまいます。裁判は強制的解決です。
前回お話したようにもめているのは人です。裁判で判決が出たからといって、納得するとは限りません。
お互いに納得しなければ、境界は確定しても問題の本当の解決にはなりません。お隣と話し合いもできないような状況になってしまってからでは、裁判以外に解決の方法が無いのかもしれませんが、そのような状況になる前に、境界の専門家である「土地家屋調査士」に相談することをお勧めします。

各種お問い合わせはこちらから
↓

お問い合わせはこちらから