相続税の還付

えっ?
支払った相続税が払いすぎている場合がある?

2017/02/01 14:33:03

2015年の相続税法改正により相続税に対する基礎控除額が減額になり、相続税課税対象者が1.5倍増えています。
そもそも相続税には現預金、金融資産、不動産などがあり、規定に沿って課税されるのですが、不動産に関しては実は算出方法によって課税対象額が変わってくることはあまり知られていません。
それにより、算出される相続税額も当然変化しますので、知らず知らずのうちに多くの税額を支払ってしまっているケースがあることもよくある話なのです。

 

なにが問題なの?

イメージ

税金は国民の義務ですので、正式な手続きで正しい納税を行うことは当然のことです。 ただ、その税額が違うということは適正なこととは言えません。

そもそもなぜそんなことが起こるのかというと

  1. 不動産には何一つ同じものはない
  2. 間違っていても是正がない(特に多く支払ってしまう場合)
  3. 評価方法によっては評価額が違ってしまうケースがある

不動産の評価方法は非常に難しく、不動産の専門家でも評価が分かれることが多くあります。当然評価方法に則った方法で評価しなければなりませんが、その方法が異なると異なった評価額が出る可能性があり、ましては自分自身で申告するとなると なかなか適正な申告ができていないケースも多々あるのが実情のようです。
その結果、不動産価格を適正価格より高く評価してしまったことで、税金を多めに支払ってしまっている・・・といったことも発生しているのです。

なにからはじめたらいいの?

イメージ

相続税を納税して1年以内であれば「更正の請求」、5年以内であれば、「更正の嘆願」という方法 で是正があればその是正を求めることができます。

対象の不動産によって評価が異なるため、まずは専門家に相談することが一番です。不動産鑑定士が適正な評価を行う相続専門の税理士法人で見直すことをお勧めします。

まずは一度三和アセットパートナーズ株式会社へお気軽にご相談下さい

相続税について

Copyright © 2013- SANWA ASSET PARTNERS CO.,LTD All Rights Reserved.